テクニックだけで恋人をゲットできてもその後楽しめますか?

15-04-15

テクニックを使うことで人間関係を有利に進めることができます。ただ、テクニックだけではうまくいかないと思うのです。
わかりやすい例として恋愛をテーマに話してみたいと思います。

ただ自分のものにしたくてテクニックを使う

ちょっと気になった人をテクニックを使って自分のものにしようと考える人はいると思います。
テクニックを使えば相手により好感を持ってもらったりすることができるので恋人になってもらえる確率はあがるかもしれません。

ただ、そういった場合は恋人になってもらった瞬間にどうでもよくなってしまうのです。自分にとってその人はただ単に所有したいと思っただけですから。

駅前でいろんな人に次から次へと声をかけてナンパしている人を見たことがあるかと思いますが、それもこれと同じです。
ただ、ナンパしている人の場合は恋人のしたいのではなく、その時だけの関係になれればいいと思っているのでちょうどいいかもしれませんが。

身の回りでも、恋人をつくった瞬間に冷めてしまう人はいるのではないでしょうか。
その人たちはただ単にどうしたらその人を自分のものにできるかだけしか考えていなかった人の可能性が高いです。

好きで好きでしょうがない。この気持ちをどうやって伝えたらいいかと思っている人

ただ自分のものにしたいと考えている人とは違い、相手のことが好きでしょうがないけど、うまく自分の気持ちを伝えることができないのでテクニックに力を借りて恋人を作る人はその後も楽しく恋愛を続けていけるでしょう。

元々テクニックはそのために必要だと思っています。
自分の気持ちをうまく伝えるのが苦手で相手に上手く自分の気持ちを伝えることができないという人がテクニックを使う事によって本当の気持ちを相手に伝えられ、良好な人間関係を作れるようになります。

いくら相手のことを想っていてもうまく伝えられなかったら、相手には自分の気持ちはわかってもらえないのです。
テクニックはそのサポートをしてくれるのです。言い方を変えるとテクニックはそのサポートに過ぎません。
テクニックより想いが大事なのは当たり前なのです。
それを忘れてしまうからテクニックだけに走って恋人できたけどその瞬間に冷めたという悲しい現実が訪れるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る