センター試験対策 体調の整え方 夜熟睡するためには日光を浴びる

20150115

センター試験が刻々と近づいてきました。
いつもどおりの実力を発揮するためにも体調万全で試験に望めることが大切です。

熟睡するために朝は日光を浴びる

さすがに、学校の定期テストのように徹夜して詰め込んだりはしていないと思いますが、できるだけ頭に詰め込もうと遅くまで勉強はしているかもしれません。

しかし、睡眠時間はしっかり確保したほうが次の日のパフォーマンスはアップします。
しっかり眠るためのポイントはしっかり朝に日光浴びるということです。

朝に日光を浴びると夜になった時、眠くなる時に分泌されるメラトニンが高くなりやすいのでスムーズに睡眠に入れます。
遅くとも午前10時までには日光を浴びましょう。血管に近いところに日光を浴びるのがいいので、ひざの裏やひじの裏に当てるのがおすすめです。

普段食べないものは食べない

受験に向けて特別に何かを食べるとかやったりしますが、お腹を痛める可能性があるので普段通りの食事を取る方がいいです。
また、できれば消化の悪い肉類はあまり食べない方がいいですが、いつも肉は食べているのでしたらそんなに気にしなくても大丈夫でしょう。

それよりも大切なのは食べ過ぎないということです、食べ過ぎると睡眠中も腸は食べたものを消化しているので体が休まりません。

食事にも少し気を使ってあとは、思いっきり寝て体調万全で試験を望んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る