天気がいい日は積極的に日光を浴びて清々しい1日を過ごそう

15-03-17

今日の関東はとても天気がいいと天気予報で何度も言っていたので、そんな日は積極的に日光を浴びましょう。

ぐっすり眠れる

海に遊びに行った日の夜はぐっすり眠ったという経験はないでしょうか。
あれは、日光をたくさん浴びたのでメラトニンという物質が夜たくさん分泌されることにより眠くなるのです。
メラトニンという物質は抗酸化作用もあるので脳細胞の老化を防いでくれる役割もあります。そういった意味でも睡眠は大事なのです。

日光を浴びているときはメラトニンが消えていくので、頭が覚醒してしっかりと目覚めることができます。その後14~15時間経ってから日光を浴びた時にプログラムされたメラトニンが分泌を始め再び眠くなります。

清々しい気持ちになれる

曇や雨の日ってなんとなく鬱々として気分になったりしませんか。
脳内物質のセロトニンというものが不足していくると、うつ状態になりやすくなってしまうのです。

そんなセロトニンを増やすために必要なのが運動と日光です。
なので、日光が出ている時に外で運動するのが一番ですがなかなか日中にそんなことはできませんので、休み時間や昼休みに外を歩いてみるだけで室内でまったりコーヒーを飲むよりも気持ちいい気分になれるでしょう。

 

今日はまだまだこれから天気が良くなるみたいなので是非やってみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る