責任を持って褒める。一度褒めて否定されたときの対応はどうする

15-04-03

褒め方っていろいろあると思います。
どの褒め方が1番いいとかは無く、褒める人に合った褒め方、褒める相手に合った褒め方が必要ではないでしょうか。
今回、気になったのが褒めた時に相手に否定された時の対応についてです。

相手が否定したから引くのはやめたほうがいい

褒めたのに相手からそんなことないと否定された場合、「あ、そうですか・・・」と引いてしまう人がいます。
これは褒めるときにしてはいけないことのひとつとして私はいつも意識しています。

そもそも謙虚な人も多いから嬉しいけどとりあえず最初は否定する人も多いでしょう。それを真に受けて一歩引いてしまったら最初に褒めたことは口先だけのものだと思われてしまいます。

そもそも社交辞令として口先だけの褒め言葉だったのならどうでもいいですが、心から相手が素晴らしいということを伝えたいと思っているのなら貫き通してください。
相手がいくら否定しようが関係ないのです。素晴らしいと思うのは自分の勝手ですから。
この感覚を維持できると相手にも自然と伝わってきます。

なので反対に軽い気持ちで褒めようとすると、それが伝わり、適当に言っている、本当はそんなこと思っていないと思われ言葉の重みがなくなってしまうのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る