今年の目標を達成させるためには、新年の抱負は立てない

20150101

明けましておめでとうございます。
今年は既に最高な1年だという意識を持ちましょう!

新年の抱負は立てない

新年の抱負を立てる方はたくさんいるかと思います。
しかし、コーチング的には新年の抱負を立てるのはあまりいいとは言えないのです。

私が学んでいる流派のコーチングでは、目標達成の方法は、既にその目標が達成しているという臨場感を高めることによって、達成していない現実とのギャップを埋めるための大きなエネルギーが発生し、目標の達成に向かっていくという流れになっています。

なので、目標達成の大前提はその目標は既に達成していると思うことなのです。
しかし、新年の抱負というのは今年はこんなことをしたいという願望になるので、その目標は達成していないと改めて自分に言っていることと同じになってしまい、目標達成が逆に遠のいてしまいます。

よって、新年に抱負を立てずに目標があったら達成しているという強い臨場感を毎回作っていくだけでいいのです。

初詣はしない

これも新年の抱負を立てないということと理屈は同じです。
新年のイベントとして楽しむために行くなら何の問題もありません。
問題なのは5円や10円を投げて神様にお願いをするということです。

神様にお願いをしなくては願いが叶わないと心から思っているなら、それは自分の目標達成に対する自己評価がとても低いこととなってしまいます。
それでは、願い事も余計叶わなくなってしまうのです。

なので、初詣に行くのならイベントして楽しむという目的でいくか、もっと多くのお金を賽銭箱に投げて寄付するという目的で行くのがいいかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る