気の利いた言葉をかける必要がない時だってあるはず

15-04-10

友人が困っていたり、家族が困っていたりすると何か相手を元気づける言葉をかけてあげなくてはと思ってしまうと思います。
もちろんそれはいいことでしょう。

ただ、やれることはそれだけではないということを覚えておく必要があります。

もしかしたら、その人は話を聞いて欲しいだけなのかも知れない。

もしかしたら、その人はそばにいて欲しいだけなのかも知れない。

相手をよく見ましょうというお話でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る