緊張対策その2~本質編~

15-02-23

緊張対策その2です。
今回で完結になります。

緊張対策その1をご覧になっていない方は先に見ていただけると嬉しいです。

緊張対策その1~テクニック編

場数を踏む

その1ではテクニックについて書きましたが、その理由は少しでも緊張を和らげて欲しいだけではなく、少しでも場数を踏んで欲しいという理由でもあります。

慣れというのは良くも悪くも強力です。

例えば、学校に入学したときや会社に就職したとき、始めは通勤通学しただけで緊張はしませんでしたか。
でも、何ヶ月もたってしまえば、途中で寄り道が出来てしまうほど緊張は和らいでいます。

私は職業柄いろいろな人に会いましたが、最初はやはり緊張します。でも、その人に何度か会っているうちに自然と緊張も和らいでいき、リラックスして雑談なども平気で出来るようになっていくのです。

緊張しない

緊張するから困っているのだと思いますが、緊張はしないようにしましょう。
どういうことかというと、緊張してしまう原因のひとつとして少なからず「緊張するなぁ」という気持ちがあります。

自然と緊張してしまう場合もありますが、緊張すると思い込んで本当に緊張してしまうという場合もあるのです。
それをなくしていくだけでも緊張する場面は少なくなってきますので、意識はしなくていいので頭に入れておいていただければと思います。

「緊張しないぞ」と意識すると逆に緊張してしまいますので、そのときは「リラックスするなぁ」と意識してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る