過去の記憶で今がつくられる。エプスレッソコーヒーでも飲みながら読んでください。

15-03-07

今、見ているものが過去の記憶でできているなんて考えられないような人もいるかもしれません。
でも、このブログここまで読んで違和感なければ、バッチリ過去の記憶で作り上げられています。
そのまま止まらず読みすすめてください。

アメトーク摘発?

この記事を書こうと思ったのも、ちょっと前にある体験をしたからです。

テレビ朝日で木曜日の夜にやっている「アメトーク(正式にはアメトーーク!)」という番組が好きで毎週見ています。
お笑い芸人の雨上がり決死隊さんが司会をしているバラエティトーク番組なのですが、とても人気がある番組なので知っている人も多いかと思います。

有名なアニメやスポーツ選手、ゲームなど様々なジャンルのものをテーマにトークを繰り広げていくので、話題になるテーマの時はニュースになったり、新聞に取り上げられたりするのですが、ある日こんなニュースを見ました。

new_IMG_1737
 
 

なんで摘発なんてされたのか気になったので、クリックして読んでみることにしました。
読んでみると全然アメトークの内容の記事ではないのです。
 
 

すぐにわかった方もいると思いますが、この記事は「アートメーク」の記事だったのです。

知っているものは見ていない

ここまで書いたら、勘の鋭い方は冒頭の違和感の原因がわかったのではないかと思います。
 
 

答えになりますが、なんで違和感がなかった人はバッチリ過去の記憶で作られているのかというと、タイトルをちゃんと読んでいないからです。

「エスプレッソコーヒー」をご存知だと思いますが、私が書いたのは「エプスレッソコーヒー」です。
結構読み間違えた方は多かったのではないでしょうか。

そして、読み間違えた方はみんなエスプレッソコーヒーを知っている人なのです。過去にエスプレッソコーヒーを知っていたらか読み間違えたのです。

このことでもわかるように、人は既に知識があるものに関しては見ているようで見ていないのです。
脳が見たような気にさせているだけなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る