インドに行っても自分は変えられない。大事なのは自分の中身を見ること

15-04-21

自分を変えるためにインドに旅行に行ったりしますが、結局出かける前と変わらなかったということはよくある話なのです。

新しい世界に触れるのはいいけれど、それだけだと変わらない

インドという普段の生活とはガラっと変わった場所に行くことは外部の刺激を期待するためにはいいかもしれません。
ただ、内面にまでその刺激を活用しないと、外部から刺激を受けただけで終わってしまうのです。

変化するためには内面に変化を起こさなければいけません。
インドに行って人生が変わった人は内面にまで変化が起こった人です。

内面に変化を起こすためには自分自身を顧みて
・本当にやりたいことはなんだ
・自分の人生にとって一番必要なこととは
・自分が今あるべき姿とは

など考えることによって、現状の自分との違いを発見することが大切なのです。

例えば、インドの路上で靴を磨いてる人を見ながら「靴を磨いて至って生活できるんだから俺だってお金の事にビクビクしないでやりたいことをやろう!」と内面が変われば人生も変わっていくでしょう。

でも、「インドは靴を磨いている人が多いんだな~」と思っただけなら、自分自身は何も変わりません。

なので、しっかりと内面を観察できるのなら家でカレーを食べていたって人生は変えられるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る